e-residencyの課題と未来

e-residencyの開発をになった重要な人物でもあるTaavi Kotkaは、今回のコロナウイルスの影響において対面と物質的なカード発行による、申請者への配布に課題を抱えていると伝えている。

と同時に、今後は申請者のバックグラウンドのチェックのみでカードの発行しないことも検討しているようだ。しかし、現実的には指紋認証に代替する認証システムがなく、顔認証等ではエストニアの最も重要とするセキュリティの安全性が担保できなくなる可能性もある。

今後のe-residencyの発行方法によっては浸透率も変化し、付随してビジネスの拡張性にも大きな影響を与える。今後のエストニアのクラウド戦略にも注目だ。

A major conference on life after the coronavirus crisis was held in Silicon Valley on Friday (May 1). The three main speakers were the Prince of Liechtenstein, the third e-resident in history, investor Tim Draper and the spiritual father of e-residency Taavi Kotka. Silicon Valley has perceived that the world will be different after the coronavirus crisis. Kotka said: “I was invited for the e-residency program. We will soon see interesting and major reforms and changes in thinking patterns in other countries as well.” The future provides an ideal opportunity for e-residency, but the project needs to overcome obstacles first.“E-residency requires a physical meeting and proof of being an e-resident is provided by a physical card. The crisis has highlighted this problem in particular. Many people haven’t been able to receive their cards at the moment and the process has slowed down,” said head of Xolo Allan Martinson, which provides services to e-residents. Both Martinson and Kotka believe that e-residents shouldn’t need a physical card in future, and just a thorough background check would be enough. Head of e-residency project Ott Vatter agrees that e-residency needs contactless remote identification. However, he believes that fingerprinting cannot be replaced at this time, as e-residency is currently one of the EU’s most secure identities. (Päevaleht, Page 3, May 4, 2020)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。