エストニアバイオコール工場に投資

バイオコール投資

オランダの投資会社であるモメンタルキャピタルは、エストニアのVägariに工業スケールの焙焼バイオコール工場の開発に4500万ユーロの条件付き投資を行っています。

オランダの会社は子会社Baltaniaを通じて投資を行いました。 モメンタムによると、投資のすべての条件が満たされればバイオコール工場の建設は2018年の4月~6月に開始される予定である、と同社はウェブサイト上で発表しています。

工場の生産は、持続可能な木質バイオマスから製造された焙焼されたバイオコールペレットに焦点を当てるとモメンタムキャピタルは述べました。

同社によると、バイオコールペレットは発電所や発熱発電所の化石石炭を部分的に、あるいは完全に代替するために使用することを可能にします。再生可能で持続性の高いバイオコールペレットのエネルギー密度と粉砕性は、熱蒸気石炭に似ており、白木材のペレットや木材チップよりもはるかに高いものです。 これはまた、輸送の面でもトン当たりの流通コストが大幅に低いことを意味します。 主な顧客は、北欧諸国と中欧の企業で構成される見込みです。

投資は、金融機関がその他の投資家と共にモメンタムキャピタルを通じて行われます。

欧州連合(EU)は焙焼プロジェクトのために2500万ユーロの補助金を承認したとモメンタムは述べ、プロジェクトはエストニアの環境省と協力して実施されると付け加えました。

オランダの投資会社は、バイオコール工場への投資はVägari周辺の雇用にもプラスの影響を与えると述べています。

バイオコール工場では、少なくとも30人の生産雇用を直接提供し、第三者である地元企業を経由して多くのオーバーヘッドサポート機会を増やすことになります。 さらに収穫と物流で約300人の雇用が創出され、バイオコール工場の建設中にも200人以上の一時的な雇用が創出される予定です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。