エストニア銀行による経済予想

エストニア経済

エストニア銀行によると、エストニア経済は2017年を通じて強くなっている。7~9月期では多くの部門で生産量が増加し、経済全体の生産高は前年同期比4.2%増となった。 エストニアの主要貿易相手国や欧州諸国の経済は、これまで以上に拡大しており、エストニア経済も同様に拡大しています。

エストニア市場と外国市場における強い需要がエストニア経済を長期的に持続可能な水準以上に押し上げたととも述べています。失業率の低下、雇用の増加、労働力の不足の増大、賃金の高騰、インフレの上昇などは、 その経済サイクルが企業の生産能力の増加や労働生産性の上昇ではなく、需要を中心に成長してここまで進んできたということを意味しています。

2018年の所得税改革により圧力が緩和され、最低賃金はほんの少し上昇する程度であると予想されますが、数年以内には再び賃金競争は上昇の方向に向かうでしょう。 労働コストは今、長年にわたり強く上昇を続けていますが、エストニアの賃金水準は依然としてEU平均の約半分に過ぎず、所得水準には大きな差があるため、賃金の上昇圧力が残ります。

特に 賃金の低い労働は、競争力がないため人材雇用が難しくなります。

2018年から2020年ぐらいまで、政府の投資が増加し、所得税の変更は世帯の可処分所得を上昇させ、経済は急激に成長するでしょう。
主要なリスクはすでに指摘されている通り、企業の国際競争力を脅かす労働コストですが、企業の財務指標がそのような圧力から生き残り、最後の危機以前の状態よりも良い状態にあることが明らかであるため、賃金は円滑に調整されるでしょう。

同銀行ではまたインフレは今後数年で落ちつくと指摘しています。消費者価格は2017年の最後の月には4%近くまで上昇しましたが、今後数年で2%の上昇程度まで戻るでしょう。

ーーーーーー

人材雇用が難しくなるとは言え、EU内でのポジションや国内の状態から、そこに耐えうるポジションであることも経済成長の中から見えています。今後のエストニアをTWDCも注目していきたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。