エストニアのスタートアップビザ

スタートアップビザがスタートして、申請は初年で数百件となったようです。

エストニアのスタートアップビザの申請は一年目で世界47か国から、325件にも上っています。

スタートアップビザは2017年に始まり、特にインド、ロシア、ウクライナ、パキスタン、トルコから多くの申請を受けているようです。

そのうち約半分は肯定的評価を受け、その他は否定的な評価を受けています。

Piperdriveの共同経営者であるRagnar Sass氏は次のように話している。

肯定的な評価を受けた後、次のステップは各自でビザまたは一時居住許可を、各国のエストニア大使館または既にエストニアにいる場合は国境警察にて申請することである。現在までに約100人のスタートアップファウンダーにビザまたは一時居住許可が与えられ、167人の有能な人材がすでにエストニアのスタートアップのために働いている状況である。

マレーシア出身のスタートアップファウンダーShaun Deanesh氏によると、「ビザの取得には手間はかからなかった。我々がビザの申請をしたのはエストニアだけではなかったが、ほかのEUの国では平均して数か月かかっていたが、エストニアでは10日もかからなかった。」

世界的な人材を惹きつけるために、スタートアップビザは、カナダ、オランダ、イタリアなど、より大きな国でも同様のビザプログラムと競合しています。1年後、このビザは他の多くのビザと同様の数の申請が

行われている。47か国からの申請をみても外国人がエストニアでのスタートアップに関心を持っていることは明らかであり、関心の高い国々にフルサービスを提供するとともに、エストニアのビジネス環境から最大の利益を得られる新たなターゲット市場を拡大することに取り組んでいる。

スタートアップのビザプログラムは、エストニアのスタートアップエコシステムの構築と強化に取り組み、また現地の新興企業が拡大していく基盤を作り出しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。