パーキンソン病の治療研究に協力

パーキンソン病

ヘルシンキ大学のバイオテクノロジー研究所とタリン工科大学は、パーキンソン病の治療法を見つけるための研究に協力しています。

「この研究は、糖尿病、アルツハイマー病、硬化性多発性硬化症などの他の難病の治療においても大きな前進であり、脳卒中も最初の結果はMANFとCDNFがその治療にも有効である」とも研究者は語っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。