エストニアとフィンランドで共同宣言

エストニアとフィンランドのデータ共有

エストニアとフィンランドは、両国間でデータ交換と電子サービスを開始しています。

エストニアとフィンランドの間のデータ交換は、データベースを互換性を持って利用できるようにし、国境を越えて活動する市民や企業により良い公共サービスを提供することを目指しています。

共同宣言では、エストニアのX-RoadシステムとフィンランドのPalveluväyläシステムに基づいた同じデータ交換プラットフォームを使用することにより、データの交換が技術的に容易でコスト効率に優れ、欧州の標準と解決策を考慮したサービスを目指しています。

エストニアとフィンランドの人や企業の移動や交流を促進し、公的機関の管理負担とコストを削減し、両国の経済統合とその持続的成長に加えて、欧州連合(EU)のデジタル化のリーダーという役割を果たしていくのだと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。