エストニアと中国の関係が急速発展

エストニアと中国の関係

エストニアは、中国市民にシェンゲン(Schengen)ビザを申請するのを支援するために、中国に13箇所のビザ・センターを新たに開設したようです。

VFSグローバルビザ申請センターでは、北京と上海の既存の施設に加えて、エストニアのビザを申請することができます。

エストニアの外務省によると、このセンターはSchengenエリアでの短期ビザ申請を受け入れ、申請プロセスを完了するまでに約15日掛かるとのこと。

中国のエストニア大使は、近年エストニアへの旅に関心が高まっており、シェンゲン(Schengen)地域ビザの申請件数は急速に増加していると述べています。さらに 新しいビザセンターを開設することで、中国人観光客や起業家がエストニアに簡単に旅行できるようにしたい、とのこと。

エストニアは1991年に独立を回復して以来、中国との関係は急速に発展してきています。

地方自治体レベルでは、タリン市は中国のパートナー都市である杭州と定期的に連絡しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。