エストニアスタートアップ政策

エストニアスタートアップ政策

エストニアのスタートアップから一つ大きく見えることが、「中間業者の削減」です。

これまで会社の会計、税関の申告、会社の設立、運営、管理、弁護士、銀行など、専門家によるアドバイスや代理手続き、手数料で事業展開する事業者がいました。

こうした部分でのコストは、スタートアップには大きな負担となります。そのため、この負担を軽減するために、すべてをオンラインで申請、管理、決算、情報取得などができるようになってきています。

弊社も、エストニアでの会社設立も行っていますが、これもまた中間業者になります。弊社の主軸事業はEUや北欧展開なので、こうした動きで損失を受けることはありません。むしろ、より多くの人に関心を持ってもらえる機会が増えます。

しかしながら、様々な勢力がある中でスタートアップを中心に、これまで仲介業務を減らしている国は他には見られません。しかしながら、日本も含め国外から知見のないエストニアでスタートアップするためには、これらをサポートをせざる得ない現状はまだありますね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。