エストニアスタートアップ Bikeep

エストニアスタートアップ Bikeep

写真:bikeep

エストニアのスタートアップBikeepは、ステーションでの自転車盗難を減らすため、サンフランシスコで最初のスマートで安全な駐輪場の設置を発表しました。

電子交通費の支払いに使用されるClipperカードを所有している人が利用できます。個人の施錠チェーンなどを持たずに、Clipperカードをスワイプして自転車を駐車することができます(無料)。

Bikeepは個人用の自転車駐車技術に焦点を当て、サンフランシスコに本社を置いていますが、R&D部門はエストニアにあります。わずか10万ドルの投資で米国事業を開始した同社は、安全な駐輪場、e-bikの充電、P2Pバイクシェアプラットフォームとして機能するソリューションを提供しています。

同社の最高経営責任者(CEO)であるクリスチャン・リンド氏によれば、Bikeepのスマートラックには、工業グレードのスチールバー、スピーカー・アラーム、地元の警備会社への遭難信号、監視カメラが備わっています。 「今のところ、100万の駐車場の中から、1つの自転車盗難事件は起きていない」と声明で述べています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。