e-Residecyの使い方

エストニアe-Residencyカード

現在、e-Residencyの取得者は、138ヵ国で20,735人。実際にe-Residencyで会社設立した方は3,256人。e-Residency取得者が会社設立するきっかけとしては大きな意味をもたらしているが、すべての人が活用できていない現状があります。

そもそもe-Residencyの使い方や活用の仕方が分からない方は、弊社クライアントさんにも多いです。

メリットは様々あるのですが、どうしても会社設立と運営の煩わしさという概念はなかなか払拭できません。また、職種によって様々な使い方が出来ますので、パーソナライズ化した効果的活用が必要になります。

e-Residencyを持っているけど活用出来ない方、ぜひ一度ご連絡ください。

連絡先

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。