イーロンマスクがエストニアで新インフラ

エストニアとフィンランドトンネル

エストニアとフィンランドを結ぶトンネル

Elon Muskの超高速輸送リンクであるHyperloopは、欧州全体にまたがる9つのルートに採用するグローバル計画を発表しました。そのルートの中には、エストニアとフィンランドの首都タリンとヘルシンキの間の接続もあります。

同社によると、「ハイパーループの欧州ビジョンは、経済センターや大都市圏外に住む人々に経済統合を生み出し、繁栄した環境に優しいメガリージョンを実現し、次世代物流を提供し、商品の動きなど、最適なオプションを提供するため。

ハイパーループ・ワン(イーロンマスク)

pic: hyperloop

この計画には、タリン – ヘルシンキ接続90キロ(56マイル)、コルシカ – サルディニア路線451キロ(280マイル)、ドイツの1,991キロメートル(1,237マイル)、ドイツの415キロメートルスペインからモロッコまで629キロ、オランダで428キロ(266マイル)、英国で3ルート、北から南へは666キロ(414マイル)のポーランドで、北アーク545キロ(339マイル)、スコットランド – ウェールズルート1,060キロ(659マイル)があります。

5,000キロメートル(3,107マイル)にわたる44都市の7,500万人以上の人々とつながります。

ハイパーループ・ワン

ハイパーループワンでは、磁気浮上を利用して、乗客と貨物を超低空動力により長距離を進むことが出来るようです。輸送インフラが大きく変わることが期待されます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。