エストニアハッカソンが注目される3つの理由

エストニアのハッカソン

エストニアハッカソンが注目される理由

エストニアのHackathonは、なぜ注目を集めるのでしょうか?世界ではスタートアップに力を入れて、起業家と投資家などを繋ぐピッチやハッカソンなどが様々な企業、大学、団体、政府によって行われています。

エストニアは国土も人口も少ない中で、なぜこんなにもハッカソンが注目を集めるのでしょうか?

①e-Solutionの基盤は、大きいと思います。もちろんすべてのスタートアップに必要とはしません。しかしe-solutionのマインドは、ハッカソンでの思考を加速させます。

②さらに、官民学のサポートがあることによって、どのレベルのハッカソンも可能性を拡大します。

③最大の理由が、社会的課題に焦点を当てたハッカソンが多く開催されることだと思います。

ここで何度も取り上げているe-residencyでも、政府主導のe-residencyを利用してどのようなビジネスアイデアを展開出来るのか、様々な国の起業家が参加した事例もあります。

国連と協同したハッカソン開催

今日、国連によれば、第二次世界大戦以来最高の数字である2016年には世界で6500万人が亡命しています。空腹や数多くの自然災害のために何百万人もの被害を受けました。このような災害の際に役立つ情報と技術の革新を探しているようです。

そして、2017年6月9日~11日に開催される“Tech for Humanity”と呼ばれるハッカソンは、人道的災害を助ける革新的な解決策を見つける目的で行われます。いくつかのインキュベート施設や大学などによって、開催されます。

このHackathonにはすでに100人が参加予定をしていて、優良チームは製品やサービスのプロトタイプを開発し、グローバル人道問題研究所や国際赤十字委員会などの国連小委員会に紹介することができます。そこから、グローバル・ヒューマニタリア・ラボや赤十字社と協力して製品開発を続けることができ、最善のソリューションが大災害地域で働くことになります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。