エストニアのゲノムプロジェクト

エストニアのゲノムプロジェクト

エストニアのゲノムプロジェクト

エストニアのゲノムプロジェクト(エストニアの人口の約5%を占める52,000人以上の遺伝子サンプルが集められたエストニアのスーパーサイエンスプロジェクト)は、現在サンプル提供者に情報の開示を行っています。

エストニア人の遺伝情報を収集、記録、解読し、より正確な医薬品を作り出すことを目指しました。このゲノムセンターは、欧州連合(EU)からの金銭的支援も受けています。世界のバイオバンクと区別すべき点は、エストニアでは収集されたデータが病気の人だけでなく、社会の横断的な遺伝的見解を提供しているということです。

最年少のドナーは18歳、最高年齢は104歳で、人口の5%がこのプロジェクトに関与したと言われています。アイスランドに次ぐ、世界で2番目に高い数字だと言われています。

個人遺伝子マップには、多くの重要なデータポイントがあり、遺伝病のリスクや他の多くの病気に関するヒントを提供しています。

ある提供者へのフィードバックではは、51歳で糖尿病のリスクが4.4%であるが分かりました。同時に、体重が7キロ(15ポンド)減るとこのリスクは半分になるとも伝えています。

遺伝的リスクについての情報だけでなく、過食または喫煙に中毒するリスクについても情報を得ることができます。それに加えて、場合によっては、薬の効能を検出することができる。

「世界的に、健全な人々を分析し、結果を何らかの形で返すべきかどうかに関して、長い間倫理的議論が続いている」と責任者はは語っています。彼によると、「誰も病気についての情報を得て脅かされる状況を強制されるべきではない。 」とも話しています。

さらに、「彼らはこの情報を知りたいかどうかを決定する権利を持っていなければならない」と彼は説明しています。

新しい知識に加えて、リスクを予知する能力があれば、人々は病気にかからず予防または早期治療に繋がり、費用を削減できえる可能性があるとも伝えています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。