EUとエストニアの特許

エストニアの特許

エストニアの特許

弊社でも特許出願のサポートを行っています。

特許はエストニア国内、EU国内、または国際の3つの範囲で出願できます。申請料、期間もそれぞれ異なります。

ヨーロッパでは2016年にヨーロッパ特許庁に出願された最も多い会社が、フィリップス(オランダ)、次にファーウェイ(中国)、サムスンやLG(韓国)といった会社が続きます。

世界では人口比で最もスイスが特許出願率が高く、次いでオランダ、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ドイツと続き、日本は9位。

自社の商品やサービスを守るためには非常に大切なことですが、特許に掛かる費用や期間などもあり、全てを守りきれない現状もあります。こうした現状の課題は、会社が成長・拡大する前段階としてしっかりと押さえておきたいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。