エストニアのスマートモビリティ

エストニアのスマートモビリティ

エストニアのスマートモビリティ

・小さな理想を具現化する市場

・テスト市場するスマートシティ(製品開発、パイロット、研究開発、ソフトウェア開発、契約製造およびエンジニアリングサービスなど)

・インターネット、および携帯電話アプリケーション(課金など)
・スマートグリッドソリューション(モバイル認証、ユーザーポリシー、リアルタイムメータリングなど)
・北欧とバルト三国内の生産と流通の中心

こうした政策は、エストニア政府がリードしています。

エストニアと日本との最初の大きなビジネス交流の取引きとして度々例にでるように、エストニアは1,000万トンの二酸化炭素の排出権と500万台以上の三菱i-MiEV電気自動車を交換しました。自治体や防衛省、警察、省庁などの政府機関のソーシャルワーカーによって使用されています。

このプロジェクトは、エストニアの環境意識を高め、社会サービスの質を向上させ、電気自動車に関する新しい知識を生み出しました。その後、電気自動車やプラグインハイブリッドを購入するための個人や法人のための助成制度も設けました。

そして電気自動車の高速充電器(CHAdeMO規格)165台が、全国に設置されています。

エストニア電気移動プログラム(ELMO)は、タリンとタルトゥで電気自動車を短・長期間賃貸する機会も与えています。

当然ながら、エストニアという市場だからこそ実現可能な提案をしています。しかしながら、こうしたスマートモビリティへの国民の動機づけを、政府が率先して行っています。こうしたスマートモビリティの国の中でスタートアップをすることで、新たな可能性や価値を創造することできると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。