エストニア サイバーセキュリティ

エストニアのサイバーセキュリティ

エストニアのサイバーセキュリティ

デジタル社会は、セキュリティと信頼を基盤に構築されています。

エストニアはサイバーセキュリティのインフラ構築に多額の投資をしてきました。そのためエストニアは、サイバーセキュリティと電子政府に関する専門的知識のおかげで、NATOのサイバー防衛協力研究拠点 CCDCoE(Cooperative Cyber Defence Centre of Excellence)となっています。

エストニアは、国際的なサイバー攻撃の標的となる世界で最初の国になった2007年に注目を集めました。エストニアの電子政府とITインフラストラクチャシステムの強みとサイバー防衛連盟の支援のおかげで、サイバー攻撃から生き残りました。

CIIP(重要情報インフラストラクチャ保護)は、エストニアの情報システムのセキュリティを評価し、リスクアセスメントを実施しています。 CIIPは、情報システムの所有者に対し、リスクの評価方法と重要なサービスの保護方法についてアドバイスします。

CERT-EE(Computer Emergency Response Team)は、.eeドメインで行われているセキュリティインシデントを処理します。エストニアのウェブサイトやサービスがサイバー攻撃を受ける場合、またはエストニアのコンピュータがマルウェアを拡散する場合に働きます。

エストニアのサイバーセキュリティの鍵は、すべてのエストニアの電子政府とITインフラシステムに組み込まれている「安全性」と「セキュリティ」にあります。エストニアのElectronic-ID、デジタル署名、およびX-road対応システムを強化するセキュアな2048ビット暗号化は、エストニアの個人識別とデータが気密であることを意味します。

現在、ビジネスにおいてもオンラインの活用は必要不可欠となっています。そのため、現地会社である弊社でもデータが安全で、さらに取引が安全であることを認識しながら、日々の事業に専念できることはとても安心です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。