エストニアの非居住者IDによる効果

エストニア非居住者ID

e-Resideny(非居住者ID)の取得者

エストニアのe-レジデンスプログラムのほとんどの申請は、フィンランド、ロシア、米国から行われています。e-residency statisticsによると、

①16.5%(2,535人)フィンランド

②7.92%(1,216人)ロシア

③6.16%(946人)アメリカ

となっています。

統計によると、エストニアはe-レジデンスの申請件数が15,000件を超えており、うち14,000件(93%)が承認されています。

承認されていない申請の内、499人が待機リストにあり、612人が審査中です。 154人の申請が承認されませんでした。

今後こうした流れを受けて、e-Residencyの取得者同士でも接点が生まれれば、効率的な運用が始まると思います。そのため、取得している人の国籍とマーケットにも注目していきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。