エストニアの教育

eスクール

e-スクールシステムは、両親、教師、学生の間の情報交換の場を作り出しています。

現在、両親は子供の学校活動データに24時間いつでもオンラインでアクセスし、成績や出席記録から今日の宿題、イベントに至るまですべてをチェックすることができます。同じシステムを使用することで、教師は親、個人、またはクラス全体にメッセージを送ることができます。

学生は自分の進歩をオンラインで見ることができます。親としても、普段子供からしか日々の学校生活の様子を伺うことしか出来ないので、より多くの情報が入ってきます。何か大きな問題が起きたとしても、それまでの過程を把握しているのと、そうでないのとでは大きく異なります。

パソコンではすべて無料、携帯電話では一部有料になっています。

小学一年生からのプログラミング教育を導入する国として、エストニアは知られていますが、幼稚園、学校、大学のプログラムや活動は、教育省がEHISと呼ばれるe-solutionを通じて集中的に管理、規制されています。

これらの改善により、エストニアは教育の仕組みに革命をもたらしました。これからさらなるインターネット社会での課題に直面する将来に、エストニア人が多くの解決策が提案してくれることでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。