エストニアの電子警察

エストニア電子警察

e-Police (電子警察)

エストニアの電子警察システムは、「最適なコミュニケーションと調整を提供することが、最も効果的な警察につながる」という原則に基づいています。

これには2つの主要ツールが含まれています。

モバイルワークステーション

各パトロールカーに設置されたモバイルワークステーションと、各警官の位置とステータスを本社に示すポジショニングシステムです。

すべてのパトカーに設置されているモバイルワークステーションは、現場の警官に重要な情報への即時アクセスを提供しています。

警官が運転手の確認を行うと、警察のデータベースにアクセスし、運転免許証、車両、所有者/ユーザー、技術検査情報に関する自動車登録センター

交通保険基金、などドライバーが有効な権利を持っているかどうかを確認することが出来ます。

さらに、住民登録簿、人の居住地、写真、電話番号などの基本データから、登録されている武器があるかどうかを調べることもできます。

以前はこれらは無線で処理されていましたが、通常は15〜20分かかっていました。しかし、現在はわずか2秒しかかかりません。

ポジショニングシステム

ポジショニングシステムは、各パトロール車両の位置および状態に関するリアルタイムの情報をオペレーションセンターに提供します。

この情報は地図上に明瞭に表示され、緊急時のたびに最も近い車両を探すことができます。

毎日電子警察システムでは約17,000件の処理が行われ、その処理時間の平均は2秒です。これは警察の仕事を50倍効果的にしているようです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。