火星の家 エストニア

火星の家 エストニアスタートアップ

火星の家

2013年にエストニア、フランス、オーストリア、ベルギー、チェコ共和国の5カ国が、自己展開型極限環境ハビタット(SHEE)と呼ばれる国際プロジェクトの枠組みの中で火星の家を建設するために集まりました。

このプロジェクトの目標は、インフラ、ツール、または安全リスクとコスト不足解決のために、自己展開できる炭素繊維とアルミニウムから自立型カプセルを開発することでした。将来の宇宙関連実験に使用される予定です。

タルトゥ工科大学の研究者は、自立式の家のロボットシステムとエネルギーシステムの設計と、家の建物の建設を担当しました。

その梱包形態では、家は長さ6メートル、幅2.4メートル(19.7×7.9フィート)の幅のある箱で、重量6,000キロ(13,200ポンド)で、大型トラックのトレーラーに相当します。

建物には寝室、キッチン、バスルーム、トイレ、作業室といった必要な全ての部屋があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。