エストニアで起業 おすすめ

エストニア起業オプション

エストニアで起業

e-Residencyを取得して、日本からリモートでエストニアの会社運営をする人も段々と増えてきました。ヨーロッパの会社を使うことで、日本の規制ではできないことを行ったり、税金マネジメント、エストニアからの逆輸入戦術などその使い方は多岐にわたります。

反対に、エストニアに観光しに来た方や留学しに来た方が気に入って、「住んで起業したい!」という方も実際にいらっしゃいます。そのために、どんなビザを申請・取得すべきなのか?家はどうするのか?

2017年からスタートした起業オプション

そんな方にお勧めするのが、エストニアで2017年今年からスタートしたスタートアップビザ。外国人に対しては、以下の二つのオプションがあります。

①エストニアに会社をまだ持っていない場合は、スタートアップビザを申請が可能
②エストニアにすでに会社を持っている場合は、スタートアップビザまたは一時滞在許可のどちらかを申請することができます。

申請は、こちらから電子でできます。

その後の手順

1)アプリケーションに記入したら、アプリケーションコードを受け取ります。
2)エストニアのスタートアップコミュニティが申請を確認し、10営業日以内に返信があります。

3)受理された場合、移民局または大使館でアプリケーションコードで受け取ることが出来ます。

他にも方法はたくさんありますが、リスクなく、スタートアップの可能性を調査できるメリットがありますね。弊社TWDCでもサポーとしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。