エストニアの健康維持食品 Hellus

タルトゥ大学

エストニアでは大学から様々なスタートアップが生まれています。

エストニアのスーパーに行くと、乳製品商品棚に見慣れない商品があります。それが、乳酸菌飲料「ケフィア」です。

乳酸菌Lactobacillus fermentum ME -3

1995年に、Marika Mikelsaar教授とMihkel Zilmer博士が率いるTartu大学の研究チームは、最初に乳酸菌ME-3菌(プロバイオティック乳酸菌)を発見しました。抗菌効果と抗酸化効果を併せ持つため、有害な微生物を攻撃して人間の健康を守り、人間の健康維持に貢献してくれます。

ME-3は「Hellus」という商標の製品ラインが、乳製品生産者のTere社によって販売されるようになりました。Tere社は日本にも丸紅などを通して、粉末の乳製品を輸出しています。先日、そのディレクターを話をしましたが、とても親日家でした。

製品ラインには、ヨーグルト、スイートコテージチーズブレンド、有益なバクテリアが豊富なケフィア(バターミルク)が含まれています。

研究チームは数々の有名な賞と研究賞を受賞していて、世界から注目されています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。