楽天が提携したエストニア企業

Fits.meロボット

Fits.meは2009年にエストニアの起業家、Heikki Haldreがファッションショッピングに行く時間が少なくなり、オンラインで買い物をするようになったきっかけから始まりました。彼とFits.me共同創設者のPaul Pallinは、新しいソリューションを発明するアイデアを思いつきました。腕を動かすのではなく、体の形を変えるロボットにすることで、完璧な体型のフィット感を見つけ出すことに成功しました。

エストニアのスタートアップは、タリン工科大学とタルトゥ大学のサポートを受けて、ロボットを生産しています。実際には腕を動かすのではなく、実際に体の形を変えます。

2015年には、日本の電子商取引・インターネット企業である楽天が、同社の100%株式を取得しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。