アジアのハブ シンガポール

エストニアの企業がアジアでのマーケットを開拓する場合、多くの企業が選ぶ国がシンガポール。大きな理由は、スケールのしやすさがあると思います。

とにかく新規参入する企業にとっては、その国の規制というは非常に大きな影響を及ぼします。その点、シンガポールは非常に参入しやすく、外国人も多いため、アジアのハブとしては最適な場所としてエストニア企業に知られています。

ロンドンに本拠を置く送金会社TransferWiseも、アジア太平洋地域のハブとしての役割を果たすシンガポールに事務所を開設しています。こうしたフィンテック企業にとっても優位に働くマーケットがあります。

こうした点で欧州のシンガポールと呼ばれるエストニアは、e-residencyによって多くの外国人起業家を誘致しています。さらにそのe-Residencyのショールームをシンガポールで展開しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。