エストニアスタートアップへの投資

エストニアのスタートアップ企業は、統計によると投資で2016年全体で2億250万ユーロを獲得し、250万ユーロの平均取引額となっています。

2016年は投資誘致という観点から、同国の新興企業にとっては記録的な年となりました。 Pipedrive、Monese、Starship Technologiesが、2016年のエストニアでのスタートアップ企業で資金調達を最も成功した企業となりました。Starshipの配達ロボットはロンドンでテストされています。

エストニアのスタートアップ企業は、過去10年間で3億7000万ユーロを調達し、その80%以上が外国人投資家から集められています。2016年に記録された40投資の平均取引サイズは2,500万ユーロでした。

第二のスカイプと呼ばれる、Transferwiseは、2015年に4800万ユーロ、2016年に2350万ユーロを調達しています。

Starship Technologiesが1650万ユーロ

Pipedriveを1600万ユーロ

Moneseが940万ユーロ

2016年末には、エストニアには400を超えるスタートアップがあり、そのうちの約90%が非常に早い段階の試作、開発、または早期の発展がありました。

エストニアのスタートアップ企業に雇用された人の数は急速に増加し、2016年末までに3,500人に達しました。2015年末に比べて、その数は1000人増えました。その3/4がエストニアで雇用されており、エストニアでは約800名、国外では約200名の雇用が創出されたことを示している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。