E-HealthデータのEUでの活用

エストニアでは、E-healthと呼ばれる患者の健康データを蓄積することができます。

病院や治療期間などで、患者がIDカードを提示することで診察データや治療薬などのデータを蓄積することが出来ます。

治療の効率化やサービス向上、セカンドオピニオンや処方箋を薬局でIDで受取る(e-prescription)など様々なメリットを持ちますが、何よりも患者全体の疾患を把握することが出来ます。こうしたデータは、政府機関によって管理、そしてオープンデータ化されます。

そうした傾向や結果で、新たな薬や施設、サービスなどを開発する機関やスタートアップ会社が生まれています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。