エストニアの会社形態とその条件

starup

会社設立

外国投資家は、以下の企業フォームを使用して商業登記簿に登記する必要があります。

―公開有限責任会社、非公開有限会社、一般的パートナーシップ、合資会社、商業協会や支社、民間有限会社と公開有限会社は、エストニアで最もビジネスを行う事業体の最も一般的な形態です。

駐在員事務所などは、エストニア税及び税関当局のレジストリに登録する必要があり

、支社は商業登記簿に登録する必要があります。

エストニアに支店や子会社を興す最小コストは、1,000€~3000€(最小強制株式資本を除く)になります。

法人の種類と事業形態は、以下の5種類あります。

一般的なパートナーシップ(taisuhing)

リミテッド・パートナーシップ(usaldusuhing)

有限会社(osauhing)

株式会社(aktsiaselts)

商業協会(tulundusuhistu)

最も多く使用される形態が、有限会社(osauhing)Private limited company(OU) と株式会社(aktsiaselts) public limited company (AS)の二つとなります。

最小資本金として、株式会社の場合は25,000€、有限会社の場合は2,500€が必要です。

株式会社の株式は、 Estonian Central Registry of Securities (CRS)に登記されます。有限会社の株式も希望すれば、Estonian Central Registry of Securities (CRS)に登記することが出来ます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。