エストニアをハブにEU展開

貿易

2013年には122.9億ユーロの輸出、138.1億ユーロの輸入をしています。

輸出は、内17%がスウェーデン、16%フィンランド、11%ロシア、10%ラトビア、6%リトアニア、5%ドイツ、4%ノルウェー、3%アメリカ、2%イギリス、2%デンマーク、その他の24%のうち日本が、0.53%で6,489万ユーロとなっています。

主な輸出品は機械、木紙製品、織物、食費、金属、化学製品であり、また年間4,950ギガワット/時 を輸出しています。輸入相手国には、ここにポーランド、中国、オランダが入ります。日本は、約2,586万ユーロです。

おもな輸入製品は機械や燃料、その他の化学製品、燃料食料品です。これからさらにドイツやイギリス、ノルウェーやデンマークなどへの木材や木材製品の輸出が増えてくるでしょう。

自由貿易区域

エストニア政府の管理下とは別に、3つの自由貿易区域が定められています。北西部エストニアのMuuga港、北東部エストニアに位置するSillamae港、Valgaに関しては、一部認められていない部分もあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。