エストニアの政治

政治

政治体制は共和制。議会はリーギコグと呼ばれ、一院制で人気は4年。議員数は101名。大統領は議会によって選出されます。選挙権は18歳以上です。

議会は立法に関する最高機関であり、法律を採択する権利を持っています。議会にいる過半数により可決する通常の法律と、議会の総数の過半数により可決する必要がある憲法上の法律との区別がされています。

それに加え、議会は国際条約や政府の融資に関する撤退または批准する権利を有します。エストニア共和国の憲法に従うことは、憲法に触れる国際条約に加盟することでありません。もし議会によって批准された法律や、エストニアでのその他の立法が国際条約に触れていた場合は国際条約が適応されます。

大統領

エストニアの大統領は議会または議員と政府の代表者たちによって選出されます。任期は5年。大統領は国家の首脳であり、エストニア国防軍の最高司令官でもありいます。議会を通過した法律は大統領によって宣言されます。また大統領は、議会を通過した法律を拒否する権利も有します。もし議会がその後法律を改正しなければ、大統領は最高裁判所に違憲宣言することができる権利を持ちます。

政府

一定状況下において、その他の国家施設は立法権を行使することもできます。

議会が非常状況下で招集することができず、国家が緊急の時には共和国の大統領は法の力を持つ政令を出すことができます。2004年5月1日から、欧州連合の一員としてエストニアは欧州法律によって拘束されています。

法務省はエストニアの法律と欧州連合の法律が調和しているかを整合する責任があり、欧州連合の法制度と立法の原理について省庁やその他の機関に勧告しています。

地方政府審議会

地方政府審議会は地方の代表であり、自治体の住民により選出された立法の会です。任期は3年。18歳以上のすべての永住者は投票権を持つ。地方自治体の首脳は地方自治体政府に帰属し、その地の問題を解決、その義務を果たすための予算を持ちます。

法律制度

すべての欧州大陸と同じように、エストニアの法律制度は法の源と司法実践、主義、習慣といったその他の順位により立法行為の優先の原理に基づいています。

裁判所

エストニアには3段階の裁判所制度があります。

①郡裁判所と行政裁判所は第一審で判決を下します

②第一審の判決に対しての訴えを第二審の裁判所に控訴できます

③最高裁判所は最終的な判決の場です

郡裁判所は第一審の裁判所として民事、刑事、軽罪事件を扱う。郡裁判所の判決は、控訴裁判所に控訴することができます。(回路裁判所とも呼ばれる)行政裁判所は行政事件の第一審を扱います。郡裁判所と行政裁判所の判決は控訴裁判所にて第二審酵素により控訴に進む訴えや異議を申し立てることにより再審されます。

裁判所は最終的な判決の場であり、裁判所の判決に対して最高裁に上告する権利を持つものからの上告により再審をします。最高裁判所に進めるのは、その訴えが間違った司法の判断だと認められた場合です。最高裁判所は憲法上の再審の裁判所でもあります。

Eエストニア

i-Votingは言わずと知れた、インターネットでのオンライン投票が可能な選挙。電子IDがあればエストニアにいなくても投票できて、わざわざ各国で海外選挙に行く必要もありません。不正を排除するセキュリティは何重にもある。自治体の長の投票は携帯電話でも可能。 雨天時などの投票率だけでなく、セキュリティレベルの高いオープンガバメントが今のエストニアの発展を支えています。

e-Cabinet:毎週開かれる閣議前に大臣らが事前にシステムで議題を確認して、異議や反対がない議題はその場で議論すらせずに終わります。i-padやタブレットを持ち込み、導入前よりも効率を3倍に上げています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。