世界が注目!非居住者ID

e-residency

2014年、エストニア政府は、非居住者向けIDの発行を開始しました。

その発行予定数は、2025年までに1,000万人。現在の人口が134万人ですから、実に7~8倍もの人をエストニアに呼び込もうというのです。エストニアの市場は一気に拡大します。

この非居住者IDは、一体どんなメリットがあるのでしょうか?

①権利の取得

非居住者ID取得により、現地で会社設立、口座開設など、エストニア人と同等の権利を得ることができ、それはエストニア国内に留まらず、エストニアが加盟するEU圏内で効力を発揮します。

②IDデジタル署名

IDカードとカードリーダーを使用することにより、世界のどこからでもデジタル署名で契約のサインや銀行取引などを簡単に、素早くそして安全に取り行うことが可能です。

③一元管理

IDカードによって、TAXの支払いや投資などオンライン上で完結することができ、時間の有効活用や経費削減、節税対策にもなります。オンライン上で一元管理することが可能です。

他にもメリットはたくさんありますが、グローバルビジネスを目指す日本企業にとっては低リスクで海外進出を手助けしてくれる画期的な取り組みがスタートしました。

*例え紛失してもカード自体には情報なく、IDとパスワードによってオンラインアクセスするため、セキュリティレベルの高いIDとなります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。